平成30年度税制改正の主な改正点(納税猶予100%に引上げとは・・・)

30年祖の主な改正点には、①個人所得課税の見直し、②青色申告特別控除の控除額の見直し、③事業承継税制の特例の創設、④小規模宅地等の特例の見直し、⑦中小企業の設備投資を促進するための税制上の措置の創設、⑧租税特別措置法の適用期限の延長、⑨国際環境客税(仮称)の創設、⑩税務手続の電子化等の促進、その他多岐にわたっています。

この中で、特に注意したいのが、事業承継税制の特例の創設です。 これは、中小企業のスムーズな事業の引継ぎが行えるよう10年間を特例として、事業承継税制における猶予対象の株式の制限(総株式数の2/3)の廃止、納税猶予割合100%(現行80%)に引上げ、雇用確保要件の弾力化を行うとともに、複数の後継者に対する贈与・相続に対象を拡大する減免制度を創設するなどの措置が講じられます。

適用期日 → 平成30年1月1日から平成39年12月31日までの贈与税等

この減免制度により、中小企業の社長さんからその子供に対する贈与税は、どれほど高額であっても納税をしなくてよいことになります。 これは大きいですね。当事務所にとってもこの納税猶予を今後、注力していく予定です。(注)この納税の猶予の認定申請は、平成29年4月1日からは都道府県で行い、認定後の贈与税・相続税の猶予申請は、各税務署になります。

 

今日のネットニュースの中で、東洋経済オンライン 「生きている会社」と「死んでいる会社」の差は、いったいどこから生まれるのでしょうか・・。と興味深い記事が掲載されてましたので、紹介します。
生きている会社・組織と死んでいる会社・組織の違い。
【1】「挑戦」より「管理」が優先される
【2】「現状維持・前年踏襲」のベクトルが強く、「新陳代謝」に乏しい
【3】過去の「成功体験」ばかり語っている
【4】課長たちが「部長の様子うかがい」ばかりしている
【5】「会社の方針」がコロコロ変わる
あなたの会社・組織は「生きて」いますか?
「生きている会社」では「挑戦→実践→創造→代謝」の“いい循環”が回っている。挑戦や実践を続けるために必要なことをつねに考え、積極果敢に行動している。
一方で、「死んでいる会社」は「管理→抑制→停滞→閉塞」の“悪い循環”に陥り、挑戦よりも現状維持を、実践よりも管理を重視し、創造が生まれず停滞しがちである。
「生きている」か「死んでいる」かは、会社の規模や年齢には関係ない。小さくても「死んでいる会社」はいくらでもある。逆に、大企業でも、みずみずしく「生きている会社」もある。
また、「生きている」か「死んでいる」かどうかは、会社全体のみならず、ひとつの部署、チームにも同様の傾向がそのまま当てはまる。組織の細胞である部や課が生きていなければ、「生きている会社」にはなりえない。
みなさんの会社は、はたして「生きている」だろうか。仮に「いま死んでいる会社」でも、まずは適切な「新陳代謝」を行い、「挑戦→実践→創造→代謝」の“いい循環”を取り込むことで、「生きている会社」に十分変わることができる・・・・。

当事務所も多くの会社や組織が、「生きている会社・組織」に変わることを切に願っています。

2 Replies to “平成30年度税制改正の主な改正点(納税猶予100%に引上げとは・・・)”

  1. 確定申告業務おつかさまです
    これまでいろいろ挑戦、創造のできる仲間と
    会社で過ごしてきました
    特に私は【4】がある限り挑戦→実践と
    進めないと思います
    上から言われて黒でも白と言う人は大嫌いです
    テレビでも大問題になっていますが

    1. コメントありがとうございます。 組織に属している以上、「黒でも白」という人が評価を得ることもあるでしょうね。 組織においては、正しいことが組織の正義とは限らないからでしょう。 私のように独立してしまうと正しいことができるようになります。ただ、それは、自己満足で終わるかもしれませんが・・・。 お疲れ様のお言葉、嬉しく思います。ありがとうございます。 引き続き、HPを更新していきますので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください