MFクラウド。

今日は、MFクラウドを扱うマネーフォア―ドさんへ勉強会に行ってきました。 マネーフォア―ドさんは、田町駅をでてすぐにある森永ビルにあります。マネーフォア―ドさんは、自動家計簿アプリで有名ですね。すでに600万人が利用しているすごいアプリです。 当事務所は、今月からマネーフォア―ドさんが提供するMFクラウドのゴールド会員になりました。

今後は、バックオフィス業務の面倒な作業を効率化できるMFクラウドの導入のご相談ができるようになりましたので、よろしくお願いいたします。

MFクラウドのホームページにも当事務所が掲載されていますので、ご覧ください。

 

https://mfc-partner.moneyforward.com/

 

御神渡り。

昨日は、長野県の諏訪市にある諏訪税務署へ相続税の申告書を提出してきました。確定申告開始日の前日、ぎりぎりでした。確定申告前日でも税務署は多くの人でごった返していました。還付申告のための人でしょう。こうして年に1回並んでも税務署で申告をしたい人もまだまだたくさんいますね。

さて、諏訪税務署の帰りに諏訪湖の御神渡りを見てきました。5年ぶりだそうです。 こちらも土日は多くの人が訪れるそうです。確かに神秘的でした。

やよいちゃんのクラウド。

今日の午前中まで、相続税の修正申告作成作業に追われていました。やはり相続税は税額が大きいので気を使います。さて、相続税の修正申告書の作成を終え、午後からは秋葉原に本社のある「弥生ちゃん」こと弥生会計にお邪魔してきました。弥生のクラウドのセミナーは2回目ですが、何度受講しても勉強になります。クラウドに関しては、税法のように年1回変わるのではなく、日進月歩ですから、何度も足を運んで知識を吸収しています。お陰様で、クライアントのすべてがクラウド化していただいており、マイナンバーカードさえ整えば、完全なるe-taxとなるんですが・・・。

来週から確定申告が始まりますが、私たち税理士の多くは、還付申告になるため2月1日に申告を済ませてしまうようです。そして、この時期に税理士がひそかにやっていること、実はクライアントの所轄の納付書を税務署に行ってもらってきます。今ならまだ税務署、空いてますから。税務署に勤務していたころは、納付書の大切さを実感しませんでしたが、今は納付書1枚の大切さを実感しています。

お値段以上。

確定申告が近ずいてくると、ネット上でも税理士を格安で紹介する広告が掲載されます。どこの世界でも「値段」ありきになってしまうのかなと、少し残念に思います。税理士の標準的な報酬額については、以前は税理士連合会が目安として公表していましたが、現在はありません。 でも、やはり私たちのような仕事は、「安かろう・悪かろう」ではダメだと思います。しっかり仕事をして「お値段以上」の成果をあげる、これが一番です。当事務所は、現在、報酬額を明示していません。報酬額は、必ずクライアントにお会いして、税理士としての品格を見定めて頂いた上で提示させていただておりますが、今後は、報酬額の提示も検討が必要ですね。

今日の画像は、先日打ち合わせで伺ったビルからの景色です。 東京は大きいなと感じた一瞬です。