今年もあと一週間ほど。

今年も残すところ、あと僅かになりました。昨年の今頃は、意気揚々と海底遺跡を見るため与那国島へ向かっていました。朝一番の石垣空港に向かうANAに乗り、石垣空港から与那国島へ渡る予定が、前の日の忘年会で食した生牡蠣にあたり、飛行機の中から吐き気と悪寒に襲われたことを今でも覚えています。石垣空港から与那国島へ飛行機でなく、空港から石垣島徳洲会病院へ向かうタクシーに乗り、そこで一泊し、翌日には東京へ戻ってきました。体調管理の重要性を高い授業料を払って覚えました。

今年は、ありがたいことに年末まで仕事を頂いています。源泉徴収簿・源泉徴収票・法定調書・償却資産の申告書・給与支払報告書・・・。ようやく目処が付き、少しほっとしています。来年は、相続の仕事も入ってくるので、今は準備に追われています。サラリーマンの頃の年末年始の遊びの企画をするのも楽しかったですが、今年のように、来年の仕事の抱負を考える今の立場も楽しいです。

8月末に税理士になって、手探りからの営業、9月、11月。12月とほぼ毎月、新たなクライアント様から顧問契約のお話を頂きました。本当にありがたく思っています。お話を頂いたことで、自分の考える「税理士のビジネスモデル」は間違っていなかったと思えたことが、心から嬉しく思います。 諸事情から、高田馬場の事務所を退去し、東小金井の税理士事務所を立ち上げた当初は、困難の連続でした。ここまで来れたのは、一番苦しい時に、私を助けてくれた多くの方のお陰です。本当に、心から感謝しています。ありがとうございました。

8月に頂いた税理士バッチに恥じないよう、いつまでも初心のまま、汗をかいて仕事をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください