3連休の使い方

3連休明けの月曜日。 今日が晴天でよかったです。ふつうは3連休明けの月曜日は、誰もが憂鬱ですよね。 さて、久しぶりに晴天の連休、私は、ボランティアに新たに参加する方の「無視界潜水」の訓練に立ち会っていました。忍野八海で潜るための、最低条件は水中が視界不良で何も見えなくなっても、パニックにならないで浮上できることです。 今回は、プールでマスク(水中眼鏡)の上からアイマスクをつけて視界を遮り、プールを一周してくる訓練でした。 まさに恐怖との戦いですね。(笑)。 今回参加していただいたFさん。お疲れさまでした。11月に開催するボランティアでは頑張りましょう。私の今回の3連休はボランティアの準備のために使いました。

さて、私の事務所にも税務署から「年末調整等説明会資料及び年末調整のしかた等」が届きました。いよいよ年末ですね。税理士会からも年明けの確定申告の相談員の募集が来ました。税理士の繁忙期が始まります。

今日の税金のポイント

年末調整とは、毎月概算で徴収する所得税額を、12月の最後の給料時に1年間の所得や個人の生活事情と照らし合わせて再計算することで、過不足額を調整するもの。

個人の生活事情に応じた所得税の控除を反映できるよう、会社が従業員から「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」
「給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」の2種類の書類の提出を受け、

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」には、扶養家族の状況を記入し、扶養控除等の確認をします。
「給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」には、従業員が自分で支払った生命保険料や社会保険料などを申告し、保険料控除を受けます。また配偶者の所得の状態に応じた配偶者特別控除なども対象になるかの申告をします。ほとんどの給与所得者は、これらの申告書を提出することで会社に年末調整をしてもらい、翌年の確定申告が不要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください