トレビの泉とは違うんだけど。

忍野八海にコインを投げ込む行為が目立つようになったのは、ここ数年だという。水の中にコインを投げ込む行為でよく知られている場所は、イタリアローマのトレビの泉、後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶うという言い伝えがあり、投げるコインの枚数によって願いが異なるとされる。コイン1枚だと再びローマに来ることができ、2枚では大切な人と永遠に一緒にいることができ、3枚になると恋人や夫・妻と別れることができると言われる。3枚の願いはキリスト教が離婚を禁止していたという歴史の名残りであると言われ、このコインは半分がカトリック系チャリティ団体に寄付される。このコインを投げる行為が世界中に広まったから、忍野八海でもコインが投げ込まれるようになったのかなと。

忍野八海が、標高936mではなく低い標高の場所にあれば回収も簡単なんですが・・・。

IMG_0484

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください